中古車市場とその動向

“デートカー”の今昔

“デートカー”の今昔

80年代当時、通称“デートカー”と言われたジャンルの車が存在ました。
例えば、ホンダ・プレリュードや、トヨタ・セリカ、ソアラ、日産・シルビアなどの2ドアクーペでした。

 

特に、トヨタ・ソアラなどは、「女子大生ホイホイ車」と言われたほど、
世の女子から人気がありました。

 

そんな“デートカー”と言われた車も、バブル崩壊により大きな煽りを受けます。
世の中が堅実的な趣味・嗜好になるにつれ、ドアが2枚しかなく、
しかも乗車定員も限られる2ドアクーペの車は贅沢品とみなされ、敬遠されはじめます。

 

そうした結果、今のミニバンブームにつながってしまったのです。
現在、国内市場に存在する日本メーカーの2ドアクーペの車は、
日産のスカイライン及びGT−Rぐらいとなってしまいました。

 

ただし世界を見渡すと、例えばアメリカなどは2ドアクーペの車に大きな市場が存在し、
日本メーカーも現地向けに生産・販売しているほどです。

 

特にアメリカでは家族内でも、1人1台車を所有しているケースが多く、
そうした場合2ドアクーペの車でも事足りるという訳です。

 

ちょうど、日本でも地方に行くと、1人1台車が必要ということで、
軽自動車が普及しているケースと似ているといっても過言ではありません。
それがアメリカでは、軽自動車ではなく2ドアクーペの車になるというわけです。

ホーム RSS購読 サイトマップ