中古車市場とその動向

通常の車ではないような状態の車の買取

通常の車ではないような状態の車の買取

まず通常の状態ではない車とは、主に故障車や不動車、改造車などを指します。
これらの車は市場では価格がつきにくいといわれていますが、
なにも車は市場にでるだけの価値だけではないのです。

 

では他の価値とはどのような価値があるのでしょうか。
まずは、鉄としての価値ですね。
車の主な素材は鉄ですね。
ほとんどの部品が鉄でできています。
今では樹脂のパーツが増えてきましたが、それでも鉄の割合が圧倒的です。
この鉄ですが、ほしがる業者がいるんですね。
それが解体業者です。

 

解体業者にとっては鉄は貴重なもの。
その鉄を多く含んでいる車は喜んで引き取ってもらえます。
もちろん買い取ってもらうことも可能。
解体業者によって違いますので、事前に車を買い取ってくれるかどうかを聞いておくと良いでしょう。

 

そして次の価値はパーツの価値ですね。
不動車や故障車だからといって、全てのパーツが使い物にならないわけではありません。
というかまだまだ使えるような部品がほとんででしょう。
ですから部品取り車として買い取ってもらえるのです。

 

そのような車は、分解され、
パーツ毎に海外に輸出されたります。
パーツって実は結構需要があるんですよね。
主にオーバーホールして修理用に利用するケースが多いです。
このような通常の状態ではない車も買い取ってもらえることが多いのです。
廃車にしてしまう前に、一度調べるといいでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ